中学生 冬季

ディベート&ディスカッション中心の英会話学校

中学生

中学生 冬季

日本の小学校から高校までの教育方針が大幅に変更となり、”考える力の育成”を目指すこととなります。
当学院では19年前からこれに力点を置いています。

小学3年生以下の帰国子女の”英語力保持・向上”と”考える力”を向上させるため、
実際にアメリカで行われている教育をそのまま日本で行います。
海外在住の日本人の補習校の逆バージョン即ち、英語補習校とご理解下さい。
そのため、教材はアメリカで使用しているものを取り上げ、英語力強化を図ります。
また、詩やエッセイなどを通じ、知的創造力の向上を図ります。
なお、英語のドラマや絵図/漫画を取り上げたイマージョン教育を行います。
クラスは最大4名までとし、3つのレベルに分けてクラスを編成します。

主なシステムの特徴:スモールだからこそできる特徴!
●セミ・プライベートレッスン(最大4名)

●各学期、中間及び最終日にプレゼンテーションを行います
●外国人講師(学科担当)の他、スタッフがアシストし、報告書をまとめます
●学期末には、DVD右記の報告書を提出します(内容を伴った有意義な思い出ともなります)

1. 講習期間(冬期講習)

2021年1月9日より3月20日まで11回(33レッスン)(随時入校可)
毎週土曜日14時30分~17時30分(3時間)
前半1時間(14:30~16:00):会話授業(時事問題等についてディスカッション)
後半2時間(16:10~17:30):コア-授業

2. 授業内容

下記内容のレッスンは全て英語で行われます。なお、3つのレベルに分け、それぞれのレベルに応じて内容を変えます。※レベル3(上級)、レベル4(中級)、レベル5(中下級)の3つのレベルです。詳細は下記をご覧下さい。

(1) 英会話
ウォーミングアップを兼ね、年齢に応じた話題を選び、日常会話やトピックについてクイズやディスカッションを行います。
(2) ドラマ/描画(絵、漫画)
ドラマ(物語)を読んで演じたり、ストーリーを創作してそれを演じたりします。英語力が不十分なので、絵日記や物語を絵や漫画で表現します。授業ではこれらを万尾に説明させたり、物語を発展させたりします。また、他の誠意とのものについて感想を述べさせたりします。
(3) リーディング
年齢に応じたリーダを選び授業を行います。なお、リーディングは基本的に宿題とし、要所を授業で取り上げます。
(4) 作文・日記の作成
エッセイ:文学書を読んで感想を書きます。与えられたテーマでエッセイを書きます。
日記:日記をつけることを毎週の課題とし、講師がレビューします。厳密な採点の対象とするのではなく、生徒の弱点を見つけ、今後の課題とすることを目的とします。
(5) プレゼンテーション(1回:中間)
学期の中間に、この学期に学習した内容のアウトラインや自分の興味があることを発表してもらいます。または、与えられたテーマや自分で選んだテーマについて独自でリサーチし(長期的宿題)、それらをリサーチしたことをまとめ、最後には発見したことや感じたことなどを含めて発表してもらいます。

3. 費用

入学金:2万1千円(5年間有効)
講習費:21万6300円(分割払い可) ※途中入校の方は、回数でスライドします。
教材費:5千円
上記の金額はすべて消費税を含みます。

4. 講師紹介

Mr. Ben Henderson

国籍:アメリカ
California State University, Chico 卒[Master in Teaching International Languages with TESOL]
趣味:Travel, watch Movies

5. その他(冬期以降の開催予定)

春季講習(予定):2021年4月17日~7月10日(全12回)
科学・バイオを中心に学習する予定。
生徒の関心・能力に応じてカリキュラム内容を変更する可能性もあります。

6. 他のクラス

小学校・下級生クラス・・・3年生以下の帰国子女対象
小学校・中下級生クラス・・・3・4年生の帰国子女対象
小学校・中級生クラス・・・4・5年生の帰国子女対象
小学校・上級生クラス・・・5・6年生の帰国子女対象
中学生クラス・・・中1以上の帰国子女対象
高校生クラス・・・高1以上の帰国子女対象

帰国子女プログラムTOPへもどる