プログラムの特徴

ディベート&ディスカッション中心の英会話学校

プログラムの特徴

帰国子女, イマージョン教育, クリティカルシンキング, 考える力の育成, 発進力の育成

①外国人講師による専門科目授業(セミプライベートレッスン)

サイエンスや世界史など、専門科目を担当できる指導経験の豊富なネイティブの教師陣がReading・Writing・Discussionをしっかり指導し、生徒の英語力の保持と向上をサポートします!また、授業は全て英語で行われます。先生ひとりにつき、主に生徒2人~4人の少人数レッスンで各生徒の事情に細かく対応します。(ABCD学院の講師はこちら)

②プレゼンテーションによる発信力の育成

各学期の中間では生徒の興味のあるテーマを選んでもらいプレゼンを行います。
これはプレゼン慣れてもらうためです。

各学期の後半は、主テーマの科目中心の英語授業を受け、学期最終日には関連するテーマのプレゼンを行います。このプロセスでテーマに関する資料を集め、理解を深め、まとめて発表(発信・プレゼン)をします。
外国人講師などから多くの質問を浴びることになりますが、この質疑応答及びディスカッションを通じて生徒はクリティカル・シンキングを行い、同時に『考える力』や『発信力』を身につけていきます。

各クラスの説明についてはクラス紹介をご覧ください。

 

ABCD学院はここが違う!!

●各クラスには外国人講師の他に英語の堪能な日本人スタッフ(元帰国子女など)をアシスタントにつけ、生徒を助け毎回授業内容をレポートします。
●学期末にはこれらをレポートにまとめ最終報告書として、学期中に撮影したビデオと共に、ご両親/生徒にFeedbackします。
●また上記の報告書にはご両親/生徒にむけて感想などのアンケートをお願いし、回収後問題点を抽出し、改善に努めています。

本学院の教育内容が海外子女教育情報誌『INFOE』でも取り上げられました。

▸INFOE 2006年9・10月号(pdf)

▸INFOE 2006年11・12月号(pdf)

▸INFOE 2007年1・2月号(pdf)

▸INFOE 2007年3・4月号(pdf)

▸INFOE 2007年5・6月号(pdf)

▸INFOE 2007年7・8月号(pdf)

▸INFOE 2007年9・10月号(pdf)

▸INFOE 2007年11・12月号(pdf)

ただいま2018年度秋季講座への参加を受け付けております。
※ご関心おありの方はぜひお問い合わせください。
説明会とデモレッスン(2千円、入校時返却)を毎週土曜日に開催しております。
03-5365-1341 (代表:千葉)
帰国子女プログラム 冬季講座期間:
2018年1月12日~3月23日(全11回)

小学生クラス:毎週土曜日14:30~16:30 (2時間)
●中学生・高校生クラス:毎週土曜日14:30~17:30 (3時間)
途中入校できます(料金は出席率で計算します)

*各クラスの説明*

小学校・下級生クラス・・・3年生以下の帰国子女対象
小学校・中下級生クラス・・・3・4年生の帰国子女対象
小学校・中級生クラス・・・4・5年生の帰国子女対象
小学校・上級生クラス・・・5・6年生の帰国子女対象
中学生クラス・・・中1以上の帰国子女対象
高校生クラス・・・高1以上の帰国子女対象
高校生・留学コース・・・留学を希望される高校生対象

帰国子女プログラムの概要

「考えるさせる教育」の必要性